【先輩しくじり体験談】意外に難しい!一人暮らしの〆切管理【学生記者】

こんにちは! obentoのななうみです!

突然ですが問題です! 一人暮らしをされている皆さん、現時点で大学や生活に関する提出物や支払い、いくつ抱えていますか? さらにそれらの〆切はいつでしょうか?
「そんなの分かってるわ!」と思われた方、〆切管理がきちんとできていらっしゃいますね! しかし、この記事をご覧になっている多くの方は、恐らく「あれ、意外に思い出せない…」と思われているのではないでしょうか。大丈夫です。実際に僕自身もその一人でした(笑)。

ところが、そんな僕でも “ある方法” を用いることで、途端に〆切管理を上手に行うことが出来るようになったのです。今回はその方法をご紹介したいと思います!

 

▼ななうみさんの書いた記事をもっとみる

https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters

 

僕・私はここで失敗した! 〆切管理のしくじりポイント

〆切の管理方法をお教えする前に、僕自身の失敗談にお付き合いください(笑)。

僕はアパートで一人暮らしをしているのですが、そのアパートには冷蔵庫のレンタルサービスがあり、それを利用しながら生活しています。そのサービスは1年ごとに契約が更新されるため、毎年3月の中旬までに郵便局に行きレンタル代を支払わなくてはならないのですが、僕はそれをすっかり忘れてしまっていたのです…。そうして来たる4月の初旬、ある日の夜。部屋の玄関扉に何か赤字で書かれた紙が。何でしょう?

「明日冷蔵庫を撤去します」

顔面蒼白とはまさにこのこと。結構能天気な僕でも、この張り紙を見たら流石に焦りました。撤去当日の朝、業者に電話しすぐに郵便局に駆け込んだため何とか契約は継続できましたが、「あと一日遅かったら…」と考えると、何とまあ恐ろしいこと(汗)。

こうしたしくじり経験をきっかけに、自分の〆切に対する管理が甘いと気づいたのです。

 

しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因

上記のようなことが起きた原因は簡単です。〆切を忘れていたから。あるいは〆切を教えてくれる人がいないから。ただし、そこにはもっと根本的な問題が存在します。そう、「〆切を管理する習慣をつけていなかったこと」です。これを踏まえ僕は〆切に対する意識を改めなければと思い、あることを心掛け始めました。

それは「カレンダーのフル活用」です。

大学で「○○日までにレポートを提出すること」と言われれば即スマホのカレンダーアプリを開き、フリック入力で華麗にメモ…。支払いの予告の手紙が来たら、その内容もスマホのカレンダーにさっとメモ…。「そんなの当たり前じゃないの?」と言いたくなる方もいらっしゃるかと思いますが、些細なものも含めた全ての〆切をカレンダーにまとめていらっしゃる方は、案外少ないのではないでしょうか?

僕自身、カレンダーに〆切をメモしまくるようになったことで、あらゆる〆切を守るのはもちろん、その期日に応じてやるべきことに対して優先順位を付ける習慣が付き、余裕を持った提出や支払いが出来るようになりました!

 

ここだけは伝えたい! 失敗から学んだ教訓

今回のしくじり体験から僕が学んだことは次のとおり!

①カレンダーを用いて〆切を管理する癖を付けるべし!
②〆切を管理できていれば、今何をすべきかがすぐに分かる!

今回はカレンダーを用いた〆切管理の方法をお教えしましたが、その他の方法でも代用が利きます! とにかく〆切を可視化することが大事なのです。ぜひ自分に合った管理方法を見つけてください!

 

まとめ

いかがでしたか? 人間は忘れる生き物ですから、いくら〆切とはいえ完璧に記憶できる訳がありません。ましてや親がいない環境下で一人暮らしをされている皆さんには、「〆切忘れてない?」と忠告してくれる存在がいませんから、自分自身で〆切を可視化し管理することが肝心なのです!

また、こうした習慣は社会人になると特に求められるものです。遅かれ早かれ〆切の存在する業務(タスク)をいくつも抱えることになり、それら全てを期日までにこなす必要が出てきますから、当然優先度を考えながら効率的にタスクを進めていくことが不可欠です。

社会人になって苦労しないためにも、今回ご紹介した術を参考にしつつ、大学生である今のうちから〆切を管理する習慣を付けておきましょう!

 

文・ななうみ

 

obentoはこちら→ http://obento.xyz/

マイナビ学生記者窓口はこちら→ https://gakumado.mynavi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です