【大学生の生活費のリアル】私流、カンタン収支管理術!【学生記者】

こんにちは、横浜国立大学経営学部2年のジローです。

大学生になるとまず失うものがある…。

それは、金銭感覚です。

多くの人にとって、高校生の時よりも自分が使えるお金が割と増えたので、当然といえば当然だと思います。

僕、高校生の時、小遣い2000円でしたもん(笑)。

 

▼ジローさんの書いた記事をもっとみる

https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters

 

■プロフィール

住んでいる地域:神奈川県大和市

居住形態:一人暮らし

学年:大学2年

サークル・部活:所属(テニスサークル)

 

■1ヶ月の生活費の内訳は?

<支出>
電気代:2000円
家賃:38000円
共益費:20000円
食費:22000円
通信費(携帯代):4000円
娯楽費・交通費(外食費・ファッション費など):20000円
その他雑費(日用品の購入など):1000円
活動費:20000円

<収入>
アルバイト代:30000円
仕送り:40000円
奨学金の有無:なし

 

■生活のリッチ度を5段階評価するなら?

超リッチ生活・ちょっと贅沢生活・庶民派生活・ちょっと貧乏生活・カツカツ生活
選んだ理由:趣味にたくさんお金をかけることはできないが、金欠で困ったこともないから。

 

■一番お金がかかるポイントは?

趣味については、ほとんどお金を使わないですし、定期的に使うものでもないんですよね。
そのことを考えると、友人と外食することが多くあるので、やはり食費ですかね…。

 

■節約のために気をつけているポイントは?

僕は、寮に住んでいるのですが、平日は、そこで朝食と夕食が提供されています。だから、朝晩に関しては、作る必要がないんですね。そこで、昼ごはんは、できるだけお金を使わなくていいように、米を炊いておにぎりにして、学校に持っていっています。

 

■お金の使い方アドバイス

僕は、一人暮らします。だから、お金の管理を親にしてもらえるわけではないから、家計簿つけよう…って言いたいんですけど、全然続きませんでした(笑)。

実質、続いたのは2週間ぐらいでした。今、思い出してみても情けないですね…。

だから、僕みたいに家計簿なんて絶対に長続きしないよっていう人向けのアドバイスはというとですね、 “レシートで管理する” です。
まず、毎回毎回、物を買ったら、会計ごとにレシートを断らないでちゃんともらいましょう。それで、財布の中にためておいて、たくさんたまってきたら、家に置いておく。こういう感じで、最後、月末にまとめて確認しましょう。この方法、だと自分で記入する家計簿ほどは細部まで管理はできないです。自動販売機でジュースを購入とかだったらレシートでないですもんね。ただ、家計簿つけるのをやめて、何もしないよりは、はるかにいいって話です。

是非参考にしてみてくださいね(笑)。

 

■まとめ

特に、部活やサークルに属している人は、

「急にお金がいる!」なんてこともあるんじゃないでしょうか???

貯金は、多くはなくてもいいかもしれませんが、ある程度あったほうがいいと思います。ある程度ためるためには、自分がどういうものにどれだけお金を使っているか把握することが重要だと思います。

ぜひ、収支管理、頑張ってみてください‼

 

文・ジロー

 

obentoはこちら→ http://obento.xyz/

マイナビ学生記者窓口はこちら→ https://gakumado.mynavi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です