【先輩しくじり体験談】気を付けて!PDCAに取り組む際の注意点!【学生記者】

こんにちは、obentoのはもです。

皆さんは「PDCAサイクル」を知っていますか?

P(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)の順番に問題を解決していき、いい結果を生み出していこうという考えです^ ^
でもこのPDCAサイクルって、やり方を間違えると、かえってやらないよりも被害を受けることになります…。
今回は僕が実際に体験したしくじりについて書いていきたいと思います^ ^

 

▼はもさんの書いた記事をもっとみる

https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters

 

僕・私はここで失敗した! PDCAのしくじりポイント

僕は、PDCAサイクルを授業の中で知りました。
そこで、学んだ僕は、PDCAを回すためには最初に計画をしっかり練り上げないとうまくサイクルが回らないのではないか?と思い、PDCAサイクルのPの部分である、計画に時間を割くようになりました。

そのような形で物事に取り組んでいたのですが、授業の学習をする際に、それが間違いだったと実感する出来事が起こりました…。

定期試験に向け、いつものように綿密な計画をたてて挑もうとしたのですが、いざ始めるとうまく作ったはずの計画では終わらず、さらには一緒に勉強していた友達の方が成績が高いという事態になってしまったのです。

 

しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因

僕のPDCAサイクルの間違いは、計画にこだわりすぎていたという点です。
PDCAサイクルというのは、サイクルという名前のように一回で完璧に物事をこなすようになるというものではありません。しかし僕は、一回のPDCAサイクルの質を高めようとしたばかりに全体の質が追い付かないばかりか、普通に勉強している人よりも成績が悪くなってしまったのです。

 

ここだけは伝えたい! 失敗から学んだ教訓

僕は失敗から、
①PDCAサイクルの質にこだわらず、サイクルを回すことを心掛けるべき
②PDCAサイクルを心掛けることを頭に入れていくべき
この2点を学びました!

まずは、サイクルを回すことが出来るようになるべきだと思います!
一回一回の質を高めるに越したことはないですが、数を回すことでPDCAサイクルの回し方や、考えることや習慣づけることを最優先にしてそのあとに質を高めていく方がいいと今回の体験から感じました。

また、PDCAサイクルを行うにあったって一番重要な部分は、Pの計画ではなく、Dの行動であると自分は感じました。というのも、今回の体験で僕よりも成績が高かった友人は計画をしないで高い点数を取っていました。計画していないのになぜ点数をとることが出来たのかと尋ねると、テストに出そうな場所をとにかく何周も勉強したという回答が返ってきました。
この友人のようにDに焦点を置くことが重要であるなと今回の体験から感じました!

 

まとめ

僕は、教訓からPDCAサイクルのDの部分を意識してサイクルを回すようにしました!
そうしたことで、失敗が少なくなった気がします!
皆さんも、PDCAを頭に入れてサイクルをガンガン回して良い結果を出していきましょう(笑)

 

文・はも

 

obentoはこちら→ http://obento.xyz/

マイナビ学生記者窓口はこちら→ https://gakumado.mynavi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です