【先輩しくじり体験談】いざ第一志望へ!ゼミ面接の掟【学生記者】

こんにちは! obentoのななうみです。

大学生の皆さんが誰でも所属することになるであろう「ゼミ」。既に「このゼミに入りたい!」と考えていらっしゃる方もいるかもしれませんね。ところが、ゼミに入るには面接が課される場合が…。

面接と聞くと頭を抱えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、安心してください。これからご紹介する“掟”を実践すれば、あなたもきっと第一志望のゼミへの合格間違いなしです!

それでは早速参りましょう。

 

▼ななうみさんの書いた記事をもっとみる

https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters

 

僕・私はここで失敗した! ゼミ面接のしくじりポイント

そもそもゼミとは、教授の下で自分の学習分野におけるより専門的な知識を付けるための場を指します。少人数でのディスカッションやプレゼン等のアクティブな活動が多く盛り込まれているのが特徴です。

そんなゼミに入る上で、前述のとおり面接が設けられることがあります。特に人気のあるゼミに志願すれば、面接は避けて通れない道に…。

かくいう僕も、実は面接のふるいに掛けられ、第一志望のゼミに落ちた一人です(笑)。しかし、今となってはその原因を自覚しています。それはずばり「ゼミの活動に対するリサーチ不足」です。

面接本番時、僕は教授に志望理由を尋ねられ「マーケティングを学ぶ上で、ゼミの活動内容と僕自身のやりたい○○ということが一致していたから」と答えました。ところが次の瞬間、「我々のゼミのどんな活動に興味を持っており、それとあなたのやりたいこととの間にはどんな繋がりがあるの?」という教授の言葉によって、僕の頭は真っ白に。何とか取り繕うとしても無駄ですよね。そもそも志望理由を深掘りしておらず、ゼミの具体的な活動や実績をよく知らなかったのですから…(泣)。

 

しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因

先述のエピソードからお分かりのとおり、僕がゼミ面接に落ちた原因は、ゼミに対する下調べが足りなかったことです。こうした不備によって志望理由の説得力が弱まり、教授からの突っ込んだ質問に対応できなかったといえるでしょう。

思い出してください。僕はこの記事の冒頭で、ゼミのことを自分の専門知識を深める場であると述べました。自分の専門性を本当に高めたいと思うならば、そのゼミで何が出来るのかをとことん調べるのは至極当然のこと。それを怠ったのですから、よく考えれば落ちたのはある意味当然ですね…(笑)。

では、一体どうすべきだったのでしょうか? 教訓をまとめます!

 

ここだけは伝えたい! 失敗から学んだ教訓

今回のゼミ面接失敗から学んだことは次のとおりです!

①ゼミで自分が学びたいこと、経験したいことを深掘りすべし

②事前にゼミの活動内容、実績をリサーチすべし

ゼミ面接をパスするためには、とにかく志望理由をしっかりと固める必要があります。その方法として最も簡単かつ確実なのは、自分が学びたいことに対し「なぜ?」と繰り返して問うてみることです。問いを重ねるうちに「自分はどうしてもこのゼミじゃなきゃいけないんです!」と言い張る根拠が必要になるはずですから、そこでゼミに対するリサーチは当然不可欠になりますね。

こうしたステップを踏むことは一見面倒に見えますが、逆にここにさえ力を注げば面接はかなり有利になりますから、試してみる価値はあると思います!

 

まとめ

ゼミ面接の掟、いかがでしたか? 案外シンプルですよね。

ところで今回ご紹介したゼミ面接の攻略術ですが、実は就活においても大いに応用できます! 就活ではほとんどの場合で面接が課されますから、当然企業に対して自分の熱意をぶつけることになります。そうした際にも自分の志望理由を深掘りし、企業を説得するための確かな材料を準備することが重要なのです。

ゼミ面接を控えている人はもちろんですが、そうでない人にも今回ご紹介した教訓が活きる場面がきっとあるはずですから、ぜひ実践してみてくださいね!

 

文・ななうみ

 

obentoはこちら→ http://obento.xyz/

マイナビ学生記者窓口はこちら→ https://gakumado.mynavi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です