【先輩しくじり体験談】油断大敵!終電逃がしの苦悩!【学生記者】

こんにちは、横浜国立大学経営学部1年のはもです。

 

 

 

僕・私はここで失敗した! 大学生活のしくじりポイント

大学生って自由ですよね(笑)
自由だからこそ遠くに行ったり、遅くまで遊んだり…自分で考えて行動することができます。
だけどその分、今までの生活で起こる可能性の少ないしくじりだったものが身近ですよね…。
僕が大学に入り何よりしくじったなーって感じたこと…もう体験している方もいるのではないでしょうか?そう、終電逃がしです(笑)
渋谷で終電を逃しネカフェに泊まったり、最近ではあと数秒で乗れる…という終電に置いて行かれて駅のホームで一夜を明かしました…
次の日の予定は崩れるわ、外は寒いわ、余計な出費はかさむわ…終電を逃して良いことは一つもありません(笑)
そんな僕が今回、大学生が終電を逃してしまう原因と解決策について個人なりに考えてきたので紹介したいと思います!

 

しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因

 

なぜ僕が大学生になっていきなり終電を逃してしまうような生活を送るようになったのか…。理由は大きく二つありました!

1自己管理能力の不足
2終電を逃すことへの抵抗感の薄れ

高校生から大学生になってまだ数カ月だった僕にとって自己を管理するという認識はガバガバでした。その結果行けると思っていた電車に遅れそのあとの予定をブッチしてしまうことが多々ありました。そしてそんな自己管理能力が不足した状態を放置していたがために今まで終電を逃すことに対して抱いていた抵抗感もどんどん薄れていきました。
ですが、ある授業で自分の自己管理能力を見直す機会がありその時に今まで他の時間の使い方やお金の使い方に問題があると思っていてなかなか改善できていなかった浪費が終電をしなくなることにより大幅に改善できることが分かりました!そこからというもの終電を逃しそうになる前に「終電を逃すと○○分の損だから余裕を持って行動しよう」と考えるようになりました!
結局のところ…

自分の周りのことを整理して客観的に物事を見ること

が終電を逃さないようにする一番の手段でした!

 

ここだけは伝えたい! 失敗から学んだ教訓

自分は終電を逃すことから目に見える損よりも大きな損が生まれることを身に染みて感じました!

次の日の予定がずれたり、やるべきことが終わらなかったり…
だけどこの失敗をもとに自分のスケジュールを見直すことの重要性を再確認することができたので良かったです(笑)

まとめ

最後に皆さんも今後終電など、自分の自己管理能力の不足が原因で起きるトラブルに合うかもしれません。その起きる子も知れないトラブルを未然に防ぐために自己管理を常日ごろから行うようにしましょう!

 

文・はも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です