ノートの取り方がうまい人は○○をやっている。

こんにちは!
ナオです。

今回は僕が大学に入ってから戸惑ってしまったノートの取り方について、自分の経験をもとに書いていきたいと思います。

なぜこんなことを書くのかというと、

テスト前になってめちゃくちゃ焦って、結局ノートの取り方が悪いがゆえに単位を落としてしまうという方が

あまりにも多いと感じているからです。

でも僕は大学に入ってから単位を落としたことは一度もなく、4年生になった今は一つも授業を受けていません。

ですから単位を効率的に取っていきたいと考えている方にぜひ見てほしいです。

 

なぜ大学に入るとノートの取り方がわからなくなるのか?

それは

高校生のころまでは、ノートのほかに明確なガイドラインを示して貰える”教科書

というものが存在するからなんです。

ですから授業に出なくても勉強の仕方はなんとなくわかるようになっています。

 

しかし大学の授業で使う本は高校の時ほどわかりやすく書いてあるとも限りません。

ですから、大学からはが何のためにノートを取るのかというと、

 

⇒後で見返した時に流れをすぐに思い返せえるように

 

なんです。

 

更に

大学の授業は

高校に比べて授業の形式が非常に多様です。

 

高校までは文部科学省の方針通りに教科書が作られているが大学からは講義をする先生が選んだ本を授業に使うため、

先生がどのように授業をしても良いのです。

だから

⇒大学の先生が板書したいタイミングで書いていく。

高校までの教科書のような私たちが学びやすいように設計され手はいないのです。

 

このように先生のやりたいように授業をします

 

先生から見れば私たちの単位の心配を気にする必要もなく、ただ自分の専門分野について語れればいいわけですから。

「私の専門分野に興味がある人は受けてもいいですよ」

こんなスタンスなのです。

 

ですから自分が何のためにその授業を受けるかによって思い返すべきことは変わってきますよね。

 

もし単位が欲しいだけなら、先生が

「ここテストに出しますよ」

っていた部分だけをメモって、講義用の本をテスト前に見返せばいい分けです。

 

しかし

その授業でSの評価が欲しいなら、

テストに出すところをメモするのは前提で、

  • 自分の分からないところが出てきたら毎回調べる
  • 重要だといったところもメモ

 

更に、

その先生の専門について本気で興味があるならば、

  • 板書は当たり前
  • 参考文献を言ってくれたらメモ
  • 自分なりの見解も書いておく

 

くらいやっても構わないわけです。

 

※私の場合は1.2年生のころはSの評価を狙ってすべての授業を受けていましたが、3年生からは

「あ、この授業ちょっとつまんないかも…」

と思ったらすぐに単位を取ることだけにシフトしていました(笑)

 

『え!でも就活の時にGPA見られるからそれだとまずいんじゃ…』

 

なんて思われる方もいらっしゃると思いますが、就活においてGPAをめちゃくちゃ見るところは思っているより少ないです。

就活においては

自分で考えてどれだけ動いたか

が、GPAよりも比にならないくらいに大事です。

僕は3年次からそれに気づいて、GPAを下げてでも外部的な活動をしていました。

 

ノートの整理術

ここまで考え方のお話をして来ましたが、一つテクニック的なことを伝授したいと思います。

大学のノートは科目によってノートを取る量が全然違うから、ノートの管理がとても大変です。

 

全てにノートを作っているとバッグが重くなってしまうし、

バインダーノートで一つにまとめるとテスト前にどこに行ったのかわからなくなってしまう…

 

【テスト前日】

『あれ?会計学のノートがないぞ??…』

2時間後…

『あった!!!けど…んーもう眠いから明日の朝やろー』

翌日…

『ノー勉サイコー(°▽°)』

※僕のノンフィクションです

こんなことになりかねません笑。

 

こんな問題を解決するのが

このインデックスシール。

下は僕のではありませんが、失敗してからは全く同じことをしていました。

バインダーノートの中を科目ごとに区切るとスッキリするんです。

出典:http://colorfullife.hatenablog.com/entry/2012/06/14/060058

そうしたらバックの中は常にバインダーノートと講義のほんと筆箱のみ

めちゃくちゃスッキリしますよね〜。

 

ということで皆さんも単位を落とさないように気をつけてくださいね!

3.4年になってやる気が無くなる前に…笑

それでは、ナオでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です