”ぶっちゃけます”【イケてないサークルの特徴】

こんにちは!

なおゆきです。

今回は大学1年生の時には絶対に迷う、サークル選びについて書きたいと思います。

テーマはズバリ

イケてないサークルの特徴

大学生からは今までやってきたスポーツを引退して新たな趣味を作りたい!

という方が多いのではないかと思いますので、ぜひ参考にして頂けたら、と思います。

1年生にとってはどんなサークルがいけてるのか、なんて選ぶ基準がわからないと思いますので、

入ってからやっぱり違うな~なんて思わないよう、ぜひご覧ください。

1.まとまりがなさすぎる

新歓のブースに行った時にやたらと自由なところがいいといっている人ばかりのサークルは注意です。

確かに1年生の頃はいろいろなことをしたいし、ガチなサークルに入るのをためらうかもしれません。

でも自由というのは言い換えればまとまりがないといえるのです。

自分の貴重な大学生での時間を使う団体ですので、ある程度はやりがいがあるところを選んだ方がいいと思いますよ。

2.先輩の新歓への参加状況が悪い

これは将来的な自分たちもサークルへの参加率を表していると思ってください。

来ない先輩たち新歓の時間をほかのもっと楽しい時間に使っているから来ないのです。

むしろ新歓に先輩が多いということは入っている人で、サークルを楽しいと感じているから来ています。

3.企画がめちゃくちゃ多い

たくさんの企画があるということはそれを企画している人がたくさんいるということです。

ですから企画をして人を楽しませまくりたい!ということならいいと思いますが、

完全に企画をしてもらいたい人には2.3年生の時に後悔してしまうでしょう。

4.タテのコミュニケーションが少ない

タテのつながりはサークルの結束力を表します。

なぜなら先輩が後輩に教えてあげて、後輩がそれを受け継ぎ、さらに改善してまた下に受け継ぐ

ということができていることを示しているからです。

新歓やブースにひと学年しかいないところは少し注意です。

 

いかがでしたでしょうか。

これは現在3年生の私が周りの人に聞いたり、私が実際に感じたことから書いているので、

参考にして頂けたら幸いです。

もしかすると就活の面接でのネタになるかもしれないサークルでの経験を最高のものにしてくださいね!

以上なおゆきでした~^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です